障がいのある方 Person with a disability swimming

みらぷるは、障がいのあるお子さまから成人の皆さまに、「もっとプールの楽しさを感じて欲しい!」

「もっと何かができる可能性がある!その可能性を伸ばして一緒に継続してあきらめない」を

モットーにしていきます。そして、楽しみながら自分の能力や個性を伸ばし、やる気と勇気、自信を育むため

の余暇プログラムを展開してまいります。

Miraple, from children with disabilities to adults, “I want you to feel more fun of the pool!” “Can do something more!” Let’s make it a motto. And, while enjoying it, I will develop my own ability and personality, and develop a leisure program to foster motivation, courage and confidence.

<こんなことはありませんか?>

Q1

病院・医師等から、身体や健康のために水泳や水中歩行などを運動処方箋(医師による指示)としてすすめられるケース。

「水泳はやりたい!でも誰かに教わらないと・・・。」

A1(みらぷる)

「そんな悩みを抱えて時間が経過してしまい、泳ぎの場から遠ざかっていき、外出まで少なくなっていくことはないでしょうか。

病院・医師等からの地域での水泳の情報等を得られたら、どうでしょう。

繫がりやすく心も身体も解れる連携を皆さまと一緒につくりたいと考えております。

Q2

地域にスイミングスクールや教室はあるが、入れないケース。

「一般的なスクールにおいて実施されるための条件は、歩行・コミュニケーション・排泄など最低のADLが

自立していることが必要となっていますね。

特に、排泄のコントロールは、プールという物理的な環境において衛生面の確保という観点から最重要課題で

あります。

A2(みらぷる)

「障がいのある方に限らず、小さなお子さまやご高齢の方も同様です。

体温コントロールが得意でなく、突然体調の変化が現れ、休みがちになることもあり、スクールの稼働率が

下がる傾向があり敬遠されやすいのが現状かと思います。

一般的以上に室温(水温との差±3℃以内)の管理や水温(32℃〜)を高めに設定するなどの配慮も必要ではあります。

それ以上に、指導者の障がいに関する知識がない、何を目的とすれば良いか分からない、指導の手間がかかる、などが考えられます。

地域で通いやすい、スイミングスクール等の受け入れを拡大していくためには、医療や療育機関、行政や地

域と協力して経済的負担の担保、スイミングスクールオーナー並びにスタッフ、会員様、お子さまの保護者

が、障がいのある方やその家族に接する機会が増え、理解を深めてサポーターとしても支援する環境の創

出が求められます。

皆さまと地域で親しみやすい泳ぎの場が多くなるようにすすめてまいりたいと思います。

理事から・・・

脳出血で突然最重度の障がいを持つ子供の親になりました。

奇跡的に助かり、カタツムリのような進歩ですが、少しずつわが子は未来に向けて生きています。

障がいというハンデではありません。

同じ気持ちの親として、水泳を通じて子どもたちの可能性を伸ばしてあげることです。

一緒にチャレンジして、一緒にたくさん誉めてあげましょう。

そして家族と本人が現状に向き合い、無限の可能性にチャレンジしましょう!

指導のお申し込みはこちらまで Feel free to require us

※ I’m sorry. I can’t speak anything but Japanese.

みらぷるでは、国から認定された「健康運動指導士」によるご相談も受けられます。

個別指導からコミュニケーションをはかり、積極的に皆さまと共にプールでご一緒させていただきます。

健康運動指導士によるご相談はこちらまで

【ご参考】

入水

https://www.youtube.com/watch?v=UFpJrC-LGgA

 

ヌードル使用

https://www.youtube.com/watch?v=OZB2ogpN-K4

 

ヌードル使用 背面 ヌードル使用 背面 ヌードル使用 うつ伏せ姿勢

Copyright(c) 2015 一般社団法人みらぷる (水泳) All Rights Reserved.